チャットレディとは|仕事内容とメリット・デメリット

チャットレディの仕事内容は、ウェブカメラとマイクを使って男性とお互いの姿を映しあいながら、ライブチャットで会話をすることで報酬を得る仕事です(男性側は姿を見せないことも多い)。チャットレディには色々な呼び方があり、チャトレ・チャットガール・チャットウーマン・チャットモデル・パフォーマー・パフォ・ライブチャットパフォーマーなどとも同じ職業を指す言葉です。

チャットレディが男性と会話をしている間は、男性が料金を支払うことになり、チャットレディは1分あたり100円以上の報酬を得ることも珍しくなく、時給換算すると7000円を超える事務所(プロダクション)も多くあります。完全出来高制の仕事でノルマがなく、好きな時にライブチャットにログインをして男性からの指名があればお金を稼ぐことができる為、好きな時間に好きなだけ働くことができ、空いた時間でお小遣い稼ぎをしたい主婦や学生のバイトなどが多いが、稼げるようになってくると専業になり、月収100万円稼ぐ女性もいます。

とはいえ、会話がスタートして初めて報酬となるので、指名が取れなければ報酬は発生せず、普通にバイトをした方がいい場合もあります。男性からの指名を得るには一番は美人であることが重要ですが、メイクや照明の当て方でカバーできるので、努力次第では普通の女性でも一般的なアルバイトやパートより大きく稼ぐことが可能です。

チャットレディの仕事を始めるには

この仕事を始めるには、まずお仕事先のライブチャットを選び、その代理店となっている事務所(プロダクション)に所属することです。事務所に所属するといっても雇用契約ではなく個人事業主として党くすることがほとんどですので、決まった時間にログインして仕事をしないといけないということはありませんし、登録だけして全然ログインしない人、仕事をしない人多くいますので、あまり気構えずに軽い気持ちで登録してしまって構いません。大手の知名度のあるところなら安心です。

一応、事務所に登録するためには無料でエントリー(面接)をすることになりますが、基本的には誰でもほぼ登録できてしまいますし、それ自体にお金は発生しません。

チャットレディの仕事に必要なお金は、ウェブカメラ・インターネット環境は最低限必要ですが、それ以外は特に必要ありません。売上アップの為に、コスプレ等の衣装を用意したり照明を買ったりする人はいますが、基本的には事務所に所属する時点でお金を取られるようなことはありませんし、その時点で金銭を要求してくる事務所なら避けた方がよいでしょう。

ここまでで、おおよそチャットレディの仕事内容と仕事を始めるまでの流れはご理解いただいたと思いますので、ここからはいくつかあるチャットレディの働き方について個別に解説します。

アダルトチャットレディの仕事内容とは

アダルトの仕事内容は文字通りエッチなことをして男性を喜ばせることです。具体的には、下着姿になり男性の要求にこたえて声を出したり、男性が要求する動作に応えることです。ただしライブチャットで局部を露出することは法律で禁じられていますので、そういったムチャな要求にこたえる必要はありませんし、応えてしまうと女性側が処罰されてしまいます。プロダクション側も処罰される可能性がありますので、局部の露出は絶対にしてはいけませんし、そのようなことを要求してくる客に対しては、強制的にライブチャットを終了できる機能が付いている事務所も多いです。事務所側がそのような行為を促してくるようなら、その事務所とは距離を置きましょう。

アダルトチャットレディのメリットは何といっても報酬の高さです。ノンアダルトチャットレディに比べると時給の水準が高く数千円違うこともあります。また、失礼ですが、女性の顔があまり美人でなくても色気があればある程度稼げる可能性があります。基本的に、男性は可愛い女性が好きですから顔は重要な要素ですが、アダルトの場合はエッチなことをするのが仕事内容ですから、色気があれば顔を出さなくても稼げることがあるのがメリットです。

ノンアダルトチャットレディの仕事内容とは

ノンアダルトの仕事内容は男性と会話をしてお金を稼ぐことです。服を脱ぐことはないのでそういったリスクはありませんが、男性との会話を盛り上げて通話時間を長くしたり、リピーターを増やさなければ大きく稼ぐことが難しいです。アダルトの場合、顔・体などのビジュアル要素が重要であるのに対して、ノンアダルトは顔が大事なのはもちろんなのですが、ある程度はトーク力でカバーできる可能性があるのもメリットです。

通勤チャットレディの仕事内容とは

通勤は文字通り通勤してライブチャットをするのが仕事内容です。通勤のメリットは清潔で綺麗なチャットルームで仕事ができることです。自宅の場合は部屋を片付けなくてはなりませんし、男性から見て見栄えがいい部屋ばかりではありません。通勤の場合は、そういった環境を事務所が用意してくれますし、照明やコスプレなどの道具も揃っています。場合によっては、ジュースやお菓子を食べることができたり、寝泊まりできることもあります。

事務所のスタッフがいるので売り上げが上がらない時にアドバイスをもらえるのもメリットです。

在宅チャットレディの仕事内容とは

在宅の仕事内容は、こちらも文字通り自宅でライブチャットをすることです。在宅でれば本当に好きな時に働くことができ、大きなメリットとなります。ただし、通勤チャットレディのように整備された環境は自分で作らないといけませんし、自宅に家族がいてバレたくない場合は、通勤のほうが良いでしょう。

ツーショットチャットの仕事内容とは

ツーショットチャットの仕事内容は男性と一対一でのライブチャットをすることです。これが一般的な働き方です。プロダクションが提示している時給は基本的にはツーショットチャット時のものです。

パーティチャットの仕事内容とは

パーティチャットの仕事内容は、女性一人に対して複数の男性がチャットをすること、複数の男性があなたのことを見ている状態でライブチャットをすることです。この時、男性は一人一人がお金を払っていますので、5人の男性と同時にチャットがつながっている場合、5人分の料金を頂くことができるので時給が5倍に跳ね上がります。

大きく稼ぐチャットレディのほとんどがこのパーティチャットを行っています。

ただし、複数の男性に同時にチャットに接続してもらうからには、ファンがたくさんいないと不可能ですので、まずは地道にツーショットチャットで実績を積み上げながらファンを増やしていきましょう。

チャットレディの仕事内容のメリットとは

この仕事内容のメリットは何といっても、実力があれば100万円以上稼げるという点です。キャバクラや風俗などの水商売も確かに実力次第では大きく稼ぐことができますが、性病リスクやストーカー、男女間トラブルなどのリスクもありますが、そういったリスクがほとんどなく大きく稼げるのがメリットです。

また、出勤時間も決まっていないので好きな時に働くことができるのは大きなメリットでしょう。

チャットレディの仕事内容のデメリットとは

この仕事内容のデメリットは、実力主義ですから仕方がありませんが、指名が入らなければほとんどが稼ぐことができないという点です。パソコンやスマホの前で待機しているだけで無駄な時間が過ぎて行ってしまいます。

その他には、キャバクラや風俗ほどのリスクではありませんが、インターネットで全国の男性がアクセスできますので、場合によっては知り合いや身内に、自分がしている仕事内容がバレてしまう可能性はゼロではありません。

というわけで、以上がチャットレディの大まかな仕事内容です。メリットやデメリットを理解した上で頑張ろうと思う女性は、どこか事務所に登録してみましょう。

税金の処理もチャットレディの仕事内容

チャットレディの仕事内容というと男性と会話したり、ライブチャットにログインしたりという活動をイメージしがちですが、この仕事は個人事業主扱いになることがほとんどですので、きちんと確定申告をして所得税や住民税などを払うことも立派な仕事内容の一つです。

意図的な脱税は論外ですが、チャットレディの仕事で税金を払わないといけないということを知らずに、無自覚で脱税をしてしまうこともありますし、もちろんそれはいけないことですので、きちんと申告しましょう。

また、所得税や住民税は累進課税になりますので、収入が多ければ多いほど、税金の金額も増えます。たくさんのお金が入ってきたからと言って、すぐに全部使ってしまうと税金が払えなくなってしまいますので、利益の半分くらいは貯金して残しておく意識が重要です。

所得税として課税されるのは、「売上-経費=利益」の公式で言うと、利益の部分です。最終的に残った利益の20%なり30%なりが税金として持っていかれます。この税率が何%になるのかは、先ほど申し上げた通り累進課税ですので、収入が多い人ほどパーセンテージは上がります。

売上とはライブチャットプロダクションから振り込まれる報酬です。経費は売上を出すのに必要なものの購入資金です。

チャットレディとして働くために、カメラや照明、マイクを買ったり、売上アップの為にコスプレの衣装を買ったりすれば、それは経費として認められます。仮に売上30万円でこれらの経費が5万円だとしたら、残りの25万円が利益となり、25万円に対して税金がかかります。

支払う税金を少なくするには(脱税ではなく節税なら合法です)、出来る限り多くのものを経費として計上することです。経費として計上するには、「○○を購入しました」と証明できるものが必要です。

店頭で物を買った時には必ずレシートをとっておき、その他、クレジットカードの明細や銀行の利用明細もオンラインで確認できるものでもOKです。

どこまでが経費として認められるかは難しいですが、友達とディズニーランドに行った時のレシートは経費として認められないでしょう。しかし、食事のレシートは友達とのご飯でも認められてしまう場合もあります。

ライブチャット事務所のスタッフと打ち合わせで居酒屋に行った時の領収書、レシートは仕事目的のものですので問題ありませんが、友達とただ居酒屋で飲んだ時のレシートは本来は経費として認められませんが、レシートには誰とご飯を食べたかなどわかりませんから、この辺りは線引きが難しいところです。

度を越さなければ問題にはならないかもしれませんが、迷った時には経費に計上するのは辞めましょう。

どこまでが経費になるのかわからない、どうやって確定申告していいかわからないという人は、税理士を雇ってもいいでしょう。税理士が仮に月3万円だとしても、月収50万円稼いで年間600万円の収入があれば、様々な節税提案によって月3万円以上の節税効果があればOKです。

まだチャットレディの仕事を始めていない人には何の話かさっぱり分からないかもしれませんが、ここでは、税金関係も立派なチャットレディの仕事内容の一つだと覚えておきましょう。

チャットレディとは(以前書いた内容)

以下は、当サイトを立ち上げたときに書いた内容です。最新の内容はここまでで開設した通りですが、一応古い情報も残しておきます。基本的にはチャットレディの仕事は今も昔もほとんど変わりません。

チャットレディとはお仕事先サイトでウェブカメラと音声、テキスト機能を使ってリアルタイムで男性と時間を共有し会話などで楽しみを提供するお仕事をする女性のことです。誰でもインターネットができる環境とパソコン、ウェブカメラとマイクがあればすぐに開始することができます。このお仕事をするには二通りの方法があります。

chatlady20

1つは自分でお仕事先サイトを見つけて登録し始める方法と事務所に所属して指示されたサイトで活動するという方法です。前者は自宅や自分の好きな場所でいつでもお仕事ができるという自由性がメリットです。後者のメリットは家族と同居していたり、自宅が使えないという女性でも、ライブチャットをする場所や機材を提供してもらえるというメリットがあります。また前者の場合には自分でノンアダルトサイトにするか、アダルトOKのサイトで活動するのかということが選べますが、後者の場合には主にアダルトOKのお仕事先サイトのみとなっています。

このお仕事のメリットは高収入であることとどんな女性でも始めることができる、ウェブカメラ、インターネットを介しての双方向コミュニケーションであるため接客でもリスクが少ないという点が最大のメリットでしょう。チャットレディの報酬はサイトにもよりますが基本的に時給ではなく分給で発生します。チャットの時間が長ければ長くなるほど稼ぎになりますのでやる気のでるお仕事です。さらには学歴や実績、経験など報酬の高いお仕事を探すときには必ずある「条件」がありません。

事務所に所属する場合には、年齢やできることなどによって活動できるお仕事先サイトが限定されることもありますが、学歴、経験がない女性でも稼ぐチャンスがあるお仕事です。また学歴や実務経験がない女性でも稼げるチャンスがあるのは大体キャバクラや風俗などの夜のお仕事に集中してしまいますが、チャットレディにはそれらのお仕事にはない安全性があります。

リアルで対面することがないので、触られたり触ったりということをしなくてよいのは大きなメリットでしょう。このようにこの仕事は女性にとって魅力的なメリットが沢山あるのですが、反対にデメリットになることもあります。

このお仕事は好きな時間に活動しチャットをして報酬がもらえるというものですので、誰かの指示を得られないというのは会社や組織の中で働いてきている人にはとまどうところかあるかもしれません。そしてチャットをしないと稼げないので自分で内容を工夫する必要もあります。完全に出来高払いのようなお仕事ですので、収入が安定しないのもデメリットです。